Top >  アロマセラピーって?

アロマセラピーって?

アロマセラピーとは、芳香をもつ植物から蒸留法や圧搾法によって芳香物質を取り出した100パーセント天然の精油、エッセンシャルオイルを使って心と体と精神の
バランスをとって、それらを癒す自然療法の一つです。デリケートな女性の体にとってはとても有用です。

アロマはギリシャ語で香り、セラピーは治療という意味があり、日本語では芳香療法と訳されます。この香りのもととなるのは揮発性の高い芳香物質で、精油とは
いうもののその名に反して脂質類はほとんど含まれていません。
妊娠中や出産、育児期は精神が大変不安定な状態になっているので体に疲れがたまってきます。アロマセラピーはリラクゼーションの効果の他にもいろいろな
治療効果が期待でき、妊娠や出産、育児のストレスの軽減に役立ちます。ただし、妊娠中の精油の使用については子宮の収縮を促進してしまう精油などもあるので
医師の指導のもとで行なうようにしましょう。さいかし、マッサージや塗布以外の芳香浴やアロマバスに使用する場合は少量であるため、それほど神経質になる必要は
ありません。

精油をマッサージに使用する場合は、通常ですと2パーセントに希釈して使いますが妊娠中はさらに薄めて0.5〜1パーセントぐらいにします。また、妊娠の時期にもよって
使える精油が異なりますので、使う場合は医師の指導に従うようにしましょう。

ママのアロマセラピー

関連エントリー

★アロマセラピーって?
★妊娠中に使いたい精油
★妊娠線の予防!
★つわりの解消にエッセンシャルオイル
★腰痛にエッセンシャルオイル
★こむらがえり解消
★出産の時にリラックスできる
★おすすめマッサージ
★出産初日のマッサージ
★出産2日目からのマッサージ