Top >  子宮の感染症予防

子宮の感染症予防

出産後の3週間くらいは、軽い出血があるのが通常です。しかし、分娩時の出血がひどかったり、胎盤の一部が体内に残り子宮の収縮が充分でなかったりすると、感染症が起こる可能性が高くなります。症状としては、悪露がひどくにおうようなら感染症を疑ってみましょう。すぐに診察が必要です。
以下のハーブは、殺菌作用があり子宮の収れんと強壮の効果があります。

●ヒドラスチス、ミルラノキ、ワームウッド、タイム、ベスルート:濃い浸出液や煎出液をお風呂に入れて、1日に2回10〜20分間座浴をしましょう。さらに、海塩を加えると効果的です。

●西洋カンボク:煎出液にして飲みましょう。子宮内感染にとても効果をはっきしてくれます。

出産後のハーブケア

関連エントリー

★出産後の活力回復
★会陰の裂傷
★子宮の収縮を助ける
★子宮の感染症予防
★後産(あとざん)の痛み
★ブルーな気分を明るくする
★膀胱の病気を予防
★栄養価の高いハーブ
★産後のストレス